TOPTopics2020-21秋冬 藤岡篤子ファッション・トレンド速報セミナー

2020-21秋冬 藤岡篤子ファッション・トレンド速報セミナー

2020.05.15

先月、ファッションジャーナリストの藤岡篤子さんによる、世界4都市の2020-21AWコレクション速報セミナーがありました。
2020-21の秋冬コレクションは、既に新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で開催されましたが、この速報セミナーも今回はストリーミング配信という形になりました。



2021AW表紙.jpg▲藤岡篤子監修「コレクション・トレンドブック」


メインテーマは『ファッションの原点回帰』。
前シーズン以前からのキーワードである『サスティナブル』の観点から、上質で安心感のあるトラディショナルな服が多く打ち出され、ベーシックなアイテムを合わせた正統派の着こなしが目立ちました。
世界中で地球環境の保護に関心が高まる中、流行に左右されず、長く愛用できる上質でベーシックなアイテムを求める傾向がますます強まっているのを感じます。

トレンドアイテムの多くは、コーディネートしやすいベーシックなデザインですが、それぞれへの特徴的な付属使いやアクセントカラー、素材選びには、新鮮さや服をまとう楽しさが惜しみなく表現されています!
特にレディースでは、英国調のかっちりとしたジャケットに透ける素材を合わせたり、チェックやアーガイル、ドットやボーダーなどの伝統的な柄にレースを合わせるなど、これまであったアイテムをよりフェミニンにアレンジした『トラディショナルフェミニン』が多くみられました。
レースやリボンによる装飾は今後要注目です!

他には、ハンドクラフトやフォークロアなどのキーワードも浮上しています。
地球環境のみならず、不安要素の多い世界情勢を受けて、服に安心感や温かみ、喜びや楽しさを求める傾向が一層強くなっていると言えるでしょう。



2021AWshindo.jpg
セミナーの参加者に配布されるコレクション・トレンドブックには、藤岡篤子さんがトレンドイメージやキーワードに合わせてセレクトしたS.I.C.のテープやレースも紹介されています。
今回は、弊社の最新コレクションであるREF(アールイーエフ)シリーズも多数取り上げられました。


2021AWサンプル台紙.jpgクラシックなドールスタイルに合うレース、秋冬に暖かさを感じさせる起毛やニット素材、トラッドスタイルにマッチする柄物など、トレンドに合わせたデザインのポイントとして活用いただける最旬アイテムがまとまっています。
掲載された商品の詳細はオンラインカタログからもご確認いただけます。ぜひご活用ください。

【商品ページ】
◆画像上段(左から)
SIC-3013 フェイクリザードコード(平)
SIC-3142 再帰反射ストレッチコード
SIC-EB012 ムースベルベットテープ
SIC-1201 ストライプパイルテープ
SIC-5560 エアリーニットストレッチリボン
SIC-1001 ストライプグログランリボン
⑦REF-7334 リネンミックストーションレース(掲載準備中)
REF-2307 ウールニットバインダーテープ

◆画像下段(左から)
REF-IB060 コーティングテープ
REF-527 メタリックパイピング
SIC-5516 ミストオーガンジーフリルストレッチ
REF-9460 山道パイピング
SIC-6129 ステッチピコブレード
SIC-201 チェックリボン
⑦REF-210 レーヨン中折れグログランリボン(掲載準備中)
⑧REF-7948 リバートリミングレース(掲載準備中)


ショールームのご予約・お問い合わせはこちら>

Share